ぽむのおうちノート

日々のこと。小学生から始めたおうち英語のこと。

DWEを挫折したこと 

DWEを始めたきっかけは、お試し教材のDVD

f:id:piko01:20170115033231j:plain

DWE(ディズニー英語システム)との最初の出会いは、こどもが1歳の頃、ショッピングセンターでお試し教材をもらったことです。

「0歳から英語始めるの?まだ日本語も話さないのに早くない?」

なんて思っていたのですが、もらったDVDをこどもに見せてみると、とっても楽しそうに踊ったりしています。

このお試しDVDの出来が非常に良くて、(DWEの教材よりも?)子どもの反応がすごく良いんです。

でも、お試しDVDでプルートが吠える場面だけは、ちょっと怖がっていたので、DWEの購入はしませんでした。

 

・こどもチャレンジイングリッシュ

その後、英語育児への興味が湧いてきましたが、やっぱりDWEは高額なので、どうかな〜と迷っていました。

その頃は「こどもチャレンジ」をやっていたので、試しに「こどもチャレンジイングリッシュ」を始めることにしました。

大好きなしまじろうなので、こどもは大喜びでDVDを見たり、教材(おもちゃ)で遊んだりしていました。

でも、「こどもチャレンジイングリッシュ」は、

・教材は2ヶ月に1回

・教材のボリュームが少ない

ということで、「これでは英語は身につかない」と感じました。

結局、1年経たない間に退会しまいました。

 

・2歳になってから、DWE購入

その間に、育休が開けて、私が仕事に復帰したり、こどもも保育園に行ったり、毎日があっという間に過ぎて、こどもは2歳になっていました。

 

保育園生活も落ち着いてきた頃、やっぱりDWEが気になるから、説明を聞きに行ってみようかと、ワールド・ファミリーが運営する、イングリッシュ・ラーニング・センター(新宿)に行ってみました。

アドバイザーさんの「毎日のかけ流しで大丈夫!」という説明を聞いて、こどもより親が気に入り、DWEを正規購入しました。

夫も私も仕事で英語の必要性を感じていた時期だったので、あっさりと購入してしまいました。

 

DWE挫折

しかし、買ってみたものの、我が家は共働きで、私はフルタイム。こどもは保育園。

自宅での英語時間、なかなかとれません。。。

それでも、かけ流しでDVDなど見せていると、街中ではアルファベットに反応!

時々でる、単語の発音も良い感じ!と私も喜んでいました。

 

・イヤイヤ期が挫折のきっかけ

ところが、しばらくすると、こどもはイヤイヤ期突入で、英語拒否!

すでに保育園生活で、こどもはおしゃべり達者。

日本語が良い!英語は嫌!と。

 

このイヤイヤ期、なんと保育園も嫌!となってしまい、もう英語どころではありません。

毎朝、保育園に行きたくないと泣くわ、抵抗するわで、私もヘトヘトです。

朝は会社に遅刻することもあり、本当に困っていました。

 

そんなイヤイヤ期を乗り越えた頃には、気がつくと英語教材ほとんど使わなくなってしまいました。

結局、英語育児は数ヶ月くらいしか続きませんでした。

 

挫折しないために

・親の向き合い方

DWEに限らずですが、英語教材を買って与えるだけ、では定着しないです。

特に乳幼児期は、親も一緒に楽しむ気持ちがないと、子どもも続きません。

「毎日のDVDやCDのかけ流し」だけでは、いずれ子どもは飽きてしまいます。

英語教材を、子どもと一緒に遊ぶ道具としてどれだけ使えるか、がポイントになると思います。

 

・こどもの興味に合わせる

 こどもは飽きやすいです。

どんなに良い教材でも、こどもが嫌がると、役に立ちません。

「かけ流しだけでも、効果がありますよ。」とDWEのアドバイザーさんは言いますが、イヤイヤ期のこどもは、かけ流しでさえ、「日本語にして!」なんて言いますからお手上げです。

DWEを嫌がる時は、こどもの興味に合わせた英語のDVDや絵本を楽しむなど、臨機応変な対応が必要だったと思います。

そして、せっかくWFC(ワールドファミリークラブ)の会員だったので、イベントへの参加や、Zippy教材も、試してみれば良かったかな~と思います。

 

・始めるタイミング

イヤイヤ期はこどもの好みがはっきりしてくるので、この時期は避けたほうが良いかもしれません。

DWEが好きになれば良いのですが、なんといってもイヤイヤ期ですから。。。

もっと早く赤ちゃんの頃か、イヤイヤ期が終わってから始めれば良かった、というのが正直な感想です。

 

その後の様子はこちらです。

www.ouchi01.com

 

www.ouchi01.com

  

www.ouchi01.com