ぽむのおうちノート

日々のこと。小学生から始めたおうち英語のこと。

1年生のカタカナにはポケモンがオススメ

ポケモンの名前でカタカナの練習

1年生のカタカナの勉強にピッタリなのが、ポケモンの名前です。

こどもの学校では、カタカナはさらっと終わってしまったので、定着がイマイチと感じていました。

そこで、ポケモンの名前をカタカナの練習に使っています。

 

ポケモンGOは、夏休みに親子でやってみましたが、特にポケモン好きでもないこどもは、夏休みの終わり頃には、飽きて、やめてしまいました。

それでも、普通にカタカナを書くより、ポケモンの名前でカタカナの練習をするほうが、テンションが上がるようで、せっせと書いています。

ポケモンGOが流行ったので、ポケモンのアニメを見ていない子でも、学校で子供同士いろいろ話しているので、ポケモンは知っている子が多いですね。

 

手作りポケモンボールを作る

まず初めに、手作りポケモンボールを子どもと一緒に作りました。

f:id:piko01:20170115042645j:plain

我が家で用意した物は5つ。

1.ガチャガチャの空の入れ物

2.黒の絶縁テープ

3.白のお名前シール

4.ポケモンのシール

5.カタカナ練習用のノート

ポケモンボール型のガチャガチャもありますが、作るのも楽しい。

こどもも一緒に楽しんで作れれば、材料は何でもオッケーです。

 

手作りポケモンボールでカタカナ練習

1.ポケモンボールを何個か作る。

2.ポケモンのシールを切り、小さい紙にポケモンの名前をひらがなで書く。

3.ポケモンボールの中に、折りたたんだ紙と、ポケモンシールを入れる。

4.ポケモンボールを箱に入れる。

5.こどもが好きなポケモンボールを選んで、紙に書いてある名前を、ノートにのカタカナで書いて練習し、シールを貼る。

ちょっと工夫するだけで、こどもは楽しめるみたいなので、ポケモンボールは部屋に隠してみたり、投げてキャッチしてみたりと、気分によって変えています。

全種類、カタカナで書けるようになる!と、こどもも張り切っています。

まだ、カタカナがすぐ思い浮かばない段階の場合は、中の紙の名前はひらがなではなく、カタカナにしたほうが、スムーズに練習できるかな、と思います。

ポケモンの名前、いろいろあるので、まだまだ練習できそうです。