ぽむのおうちノート

日々のこと。小学生から始めたおうち英語のこと。

遠視、調節性内斜視、弱視と分かったのは3歳

眼科健診

f:id:piko01:20170124082811j:plain

先日、小児眼科の検診がありました。

経過は相変わらず、という感じで、眼科の検診については、まだまだ続きそうです。

遠視、調節性内斜視、弱視と判明

こどもは、3歳から眼鏡をかけています。

遠視による、調節性内斜視があり、初めて小児眼科に診察に行った3歳当時は弱視でした。

〇弱視は、眼鏡をかけても、視力が1.0に達しない場合です。

裸眼で1.0の視力が無くても、眼鏡をかけて1.0以上あれば、弱視ではありません。

〇斜視は、黒目の位置が内側に寄ったり、外側に寄ったりしていて、両方の目で物を見ることができない状態です。 

 

こどもの場合は、遠視によりピントが合わないので、常に視界がぼやけて見えている状態でした。

さらに、調節性内斜視であるため、何かをしっかり見ようとすればするほど、内側に黒目が寄ってしまうようでした。

内側に黒目が寄ってしまうと、その目には何も見えておらず、もう片方の目だけで見ている状態です。

その為、寄り目になっているほうの目の視力がかなり悪かったのです。

 

まずは弱視の治療

病院で、目は6歳くらいまでぐんぐん発達し、10歳くらいまで緩やかに発達すると言われました

こどもは3歳から、眼鏡と、毎日数時間のアイパッチによる治療を開始することに。

アイパッチとは、顔に貼る目隠しです。

視力の良いほうの目にアイパッチをし、視力の悪いほうの目だけで見ます。

何かを集中して見たほうが良いということで、大きなビーズの紐通しをしたり、好きなテレビを見たりしました。

 

治療を初めて数ヶ月後には、眼鏡をかけて両目とも1.0の視力が出るようになりました。

アイパッチも嫌がっていたけれど、頑張って視力が上がって本当にうれしかった!

眼鏡はかけ続けないといけないけれど、弱視の治療の成果が出て、本当に良かった、と思いました。

 

こども専門の眼科へ行ったほうが良い

小児眼科の専門の病院で、弱視と診断された時は知識がなく、弱視って何?という感じでしたが、

「お子さんの目に見えている世界はこんな感じですよ。」

と、ぼんやりとした、ピントの合っていない写真を見せられた時、ただただショックでした。

 

黒目が内側に寄ってること(内斜視)に気づいていたのに、町の眼科に通っていたことを、深く後悔しました。

町の眼科では、まだ様子見で良いと言われていたのですが、気になって小児眼科に行くことにして、本当に良かったです。

こどもの目のことが気になったら、必ず小児眼科の専門病院に行くことをお勧めします。

3歳次健診などで、相談すれば、病院を紹介してもらえると思います。 

www.ouchi01.com