ぽむのおうちノート

日々のこと。小学生から始めたおうち英語のこと。

3歳から小学生までの眼鏡せいかつ

幼児の眼鏡

f:id:piko01:20170124082811j:plain

こどもは3歳で、弱視、遠視、調節性内斜視ということがわかりましたが、数ヶ月で、弱視、アイパッチの治療は終わりました。

でも、遠視、調節性内斜視の治療のため、眼鏡とはずっと付き合っていかないといけません。

www.ouchi01.com

夫が眼鏡をしていたおかげか、こどもは眼鏡を嫌がることなく付けてくれました。

私も「可愛い!似合うね!」と褒めまくりました。

保育園の先生も、皆で「可愛いね!」と褒めてくれて、子どもはなんだか得意げに。

実家への帰省前には祖父母に眼鏡を褒めてね!と事前に連絡したりしました。

「小さいのに眼鏡かわいそうね。」と言われることで、こどもに眼鏡のマイナスイメージを持ってほしくなくて、当時はかなり気を使っていましたね。

幸い、近所のお店の方、隣のお家の方、どなたも眼鏡を褒めてくださって、本当にありがたかったです。

 

保育園で、お友達に眼鏡を引っ張られたりもしましたが、あっという間に眼鏡が当たり前に。

少し大きくなってきたら、お友達の眼鏡かして!攻撃もでてきて、最初は貸してあげていましたが、段々とうまくかわせるようになりました。

もちろん、眼鏡をからかわれることもありましたが、眼鏡をしていなくても、からかわれることはあるし、こどもにとってはあまり気にならなかったようです。

 

小学生の眼鏡

小学生にもなると、眼鏡はさほど珍しいものではないので、学校の友達に眼鏡について何か言われることも無いようです。

眼鏡をしているクラスメートと隣の席になったときに、

「メガネ同士だね。」

と言われた、というくらいしか聞いていません。

 

でも、小学生になって、見た目の面で気になる様子。

「眼鏡だと怖く思われないかな?可愛くないかな?」

「やっぱり、眼鏡してない方が、可愛いい?」

と言ったりすることも。

「眼鏡も可愛いし、外しても可愛いよ。大人になったら、コンタクトもできるしね。」

と返していますが、コンタクトは怖くて嫌みたいです。

 遠視の眼鏡は、目が大きく見えるので、目がパッチリ見えて可愛いのに、と親バカですが、思っています。

実際、眼鏡を外すと、顔の印象が薄くなりますし。

 

生活面では、寝るときと、水泳以外は眼鏡をかけています。

鉄棒や、マット運動も問題ありません。

眼鏡の扱いも慣れたもので、特に意識せず、生活しているようです。

最近は、眼鏡をしていない時の内斜視も、意識すればコントロールできるようになりました。

物を無理に見ようせず、視界をぼんやりとしたままでいれば、内斜視にならないようです。

 

先日の検診の結果、遠視の度数や、内斜視に変化はありませんでした。

眼鏡はまだまだかけ続けないといけないので、眼鏡とうまく付き合えるよう、親としてまだまだ見守りが必要かな、と思います。