ぽむのおうちノート

日々のこと。小学生から始めたおうち英語のこと。

1年ぶりの目の検査と、目薬の主作用に困ること

目薬を使った眼の検査

f:id:piko01:20170313103856j:plain

こどもは遠視、弱視、調節性内斜視で3歳の頃から眼鏡をかけています。

www.ouchi01.com

現在は、弱視ではありませんが、遠視と調節性内斜視は、引き続き経過観察中です。

眼科の診察は3ヶ月に1回ぐらいですが、今回はアトロピン点眼という目薬を使った検査を行いました。

この検査は、約1年ごとに行い、治療用にかける眼鏡の度数を決めています。

 

今回の検査では、眼鏡の度数を変えるほどではなかったのですが、初めて遠視の度数が下がりました!(良くなった)

3歳からアトロピンでの検査をしてきて、どんどん遠視の度数は上がっていっていた(悪くなっていた)ので、初めて度数が下がった、ということは本当にうれしい結果でした。

 

5歳くらいまでは、アトロピン点眼薬も、小さい子用の弱いものを使っていました。

6歳からは、一般的なアトロピン点眼薬を使うようになり、ここで、グッと遠視の度数が上がったので、かなりショックでした。

(正確な検査が出来るようになった結果で、急に度数が上がったわけではないそうですが。)

だから余計に、今回ほんの少しでも、度数が下がったことは嬉しかったです。

 

アトロピン点眼薬の特徴など

目薬(アトロピン点眼薬)は、検査の五日前から朝、昼、晩と点眼します。

こどもは目に直接、目薬を入れることは、嫌がるので、次のように点眼しています。

1.仰向けに寝転んで、目を閉じる。

2.目がしらの部分に目薬を垂らす。

3.目をパチパチして目薬を入れる。

4.1分くらい目がしらを抑える。(目薬の体への吸収を抑えるため)

 

この目薬ですが、日常生活への支障がでます。

・瞳孔が大きくなり、まぶしくなる。(帽子必須)

・物が見えにくくなる。(黒板や教科書の文字が見えにくい)

・視線が定まらなくなる場合がある。

・点眼5日間、点眼終了後10日~2週間上記の症状が続く

 

小さい時は、目薬の副作用よって、顔が赤くなる、微熱が出るといったことがあって、そちらの症状が心配でした。

小学生になると、そういった症状はなくなったのですが、学校の勉強で、字が見えにくいのが困るようになりました。

副作用では無く、主作用による影響なので、避けようがありません。

本当は検査を長期休みにしたいところですが、予約がいっぱいで、4ヶ月前でもなかなか診察予約がとれません。

 

幸い、クラスのお友達がいろいろと助けてくれているようで、ありがたいです。

本人も、皆が心配してくれたり、手伝ってくれるのがうれしいようです。

でも、2週間もまともに勉強できないとなると、中高生になったら、ちょっと困りますよね。

この目薬の検査って、何歳くらいまでするんだろう?

次回は先生に忘れず確認しようと思います。