ぽむのおうちノート

日々のこと。小学生から始めたおうち英語のこと。

夏休みの工作に向けて「100円グッズでスイーツデコ」でミニチュアフード作り

100円グッズでスイーツデコ

夏休みまでもうすぐ!ということで、工作もしたいなあ、と粘土で作るミニチュアフードの本をひっぱりだしてきました。

一緒に見ていたら、やっぱり子どもが「作りたい~。」と。

で、「100円グッズでスイーツデコ3」の、粘土を使ったドーナツを、一緒に作ることにしました。

子どもメインで、私はお手伝いでやってみることにしました。

 

・石粉粘土

粘土は、 100円ショップセリアの「造形粘土」を使いました。

石粉粘土とは書いていないのですが、以下の特徴から石粉粘土かな、と判断しました。

・きめが細かく、われにくいので、乾燥後に絵の具などで着色できます。

・天然石の微粉末を主成分とした、形状安定性の高い造形粘土です。

すぐに固くなるので、水で濡らしながら成型すると、作業しやすかったです。

 

・整形して乾かす

ドーナツ型に整形して、乾くまで一晩おきました。

本当は2,3日置く方がしっかり乾くみたいですが、こどもが早くやりたくて我慢できませんでした。

 

・絵の具で色付け後、ニス塗り

その後、絵の具で色付けし、ニスを塗りました。

ニスを塗ると、光沢がでてきて、作品っぽくなりますね。

ここでまた、ちょっと休憩して乾かしました。

手を洗ったり、道具を片づけたりしました。

f:id:piko01:20170709174324j:plain

 

・マニキュアで色つけ

この作業をすると、一気にドーナツが華やかになるので、こどもは楽しそうにやっていましたが、100円ショップのマニキュアを使ったので、臭いが凄いです。。。

窓を閉めて作業すると、頭痛がしてくるので、換気必須です!

マニキュアは、乾いてから、3回くらい重ね塗りしました。

 

 ・マニキュア用のシールで飾る

マニキュア用のシールや、ラメ入りのマニキュアで飾り、最後にマニキュアのトップコートを塗りました。

マニキュア用のシールって小さいので、なかなか難しいですね。

やっと、これで完成です!

f:id:piko01:20170709174845j:plain

もちろん「100円グッズでスイーツデコ3」に出てくる、作家さんのドーナツは、もっと綺麗で可愛いです。材料や、工程もとても細かく載っています。

こどもが作ると、こんな感じになりますよ~ということですみません。

 

最初に粘土を整形してから、一晩乾かしたので、完成までに2日かかりました。

石紛粘土は乾くまでに時間がかかるので、一気に最後まで作ることはできません。

こどもは一気に作りたいみたいですが、ちょっとずつの作業が、作業に熱くなりすぎずにクールダウンできて、逆に良いかも、と思いました。

ニスやマニキュアが乾く合間に、片付けもしっかりできて、綺麗に作業できますしね。

 

子どもは結構頑張っていましたが、これだけでは、夏休みの工作として学校に提出するには、寂しい感じです。

もっとたくさん作って、スイーツショップ的な感じなら良さそうですが、たくさん作るのは大変かなあ。

でも、普段ゆっくり工作することって、なかなかできないので、夏の思い出として作るには楽しくて良いかも!