ぽむのおうちノート

日々のこと。小学生から始めたおうち英語のこと。

夏休み前半はバレエに集中、続けてきて良かったこと

バレエの公開レッスンに向けて

もうすぐバレエの公開レッスン(発表会)があります。 

夏休み前半は、レッスンで埋まってしまい、何よりもバレエ優先になってます。

 

こどものバレエ教室は、バレエ団もあり、プロ専門コースもあります。

先生たちも、現役のバレエダンサーがほとんどです。

当然、公開レッスン前のレッスンは厳しくなってきます。

 

幼児クラスの頃は、のんびりしていたんだけれど、最近は、褒められるだけでなく、注意されることも多いようです。

でも、先生も真剣に教えてくれるし、年齢が上がるほど、先輩のお姉さんたちも真剣にレッスンしています。

当然、本人も一生懸命にやらざるえを得ない。

  

続けてきて良かったこと

3年半続けてきて、目に見える効果は、以前にも書いたのですが。

・体が柔らかい

・姿勢が良い

・挨拶や、観劇のマナーが身につく

 

でも、最近それ以外にもバレエを続けていて良かったなあ、と思うことがあります。

それは、

・舞台度胸

・真剣に取り組む姿勢

が身についたかなあ、ということです。

 

・舞台度胸

こどもは、もともとコツコツまじめなところがありますが、人前で積極的にでるタイプではないです。

でも、舞台にたつことで、人前に出ることが、かなりできるようになりました。

小学2年生になってから、学校のダンスで、クラス代表に立候補して、選ばれていました。

こどもの性格からすると、ちょっと驚きでしたが、学校の皆の前で踊るのは、バレエの舞台に比べれば、全然緊張しないみたいです。

 

・真剣に取り組む姿勢

特にダンスが上手、という訳ではないけれど、ダンスを踊る時の真剣さと集中力は、やっぱり凄い、と思います。

この、真剣の取り組む姿勢が、バレエで培ってきた姿勢かなあ、と。

あと、やはり踊る時は、体の姿勢も綺麗。

普段はふにゃふにゃのことも多いんですけどね。

 

学校のダンスでクラス代表に選ばれたのが、学校生活の中で、かなり自信になったようです。

どんな習い事でも、真剣に取り組んで、自信になるっていう経験は、やっぱり良い効果があるなあ、と思いました。

バレエは部活にも無いし、中学生以降続けるかどうかは、わからないのですが、これまで続けていて良かったなあ、と思ってます。

 

おまけ(公開レッスンを見に来てくれたお友達へのお礼)

ダッフィーの新しいお友達、ステラ・ルーは、ダンサーになりたい女の子ということで、うちの子も大好きです!

バレエの公開レッスン(発表会)を見に来てくれるお友達にも、ちょっとしたお礼としてディズニーシーでお土産買ってきました!

公開レッスンを見に来てくれるお友達のママには、

「お花とかは、いらないよ!」

と言ってるのですが、いつも何かしら持ってきてくれるので。。。

お友達には、無難に?メモセットにしました。

バレエをしている子ばかりなので、喜んでくれると良いなあ。

ww.ouchi01.com