ぽむのおうちノート

日々のこと。小学生から始めたおうち英語のこと。

Sight Word Readersで英語の音読開始!

Sight Word Readersサイト・ワード・リーダーズ復活!

f:id:piko01:20170316171559j:plain

久々にight Word Readers(サイトワードリーダーズ)を引っ張りだしてきた子ども。

DWE(ディズニー英語システム)では、グリーンに入ってから、Bookを読むのにちょっと苦戦しているので、簡単なSight Word Readersが、かなり気に入った様子です。

内容は1ページに「This is a pen」ぐらいの文字数で、8ページあります。

 

Sight Word Readersについては、こちらです。

www.ouchi01.com

そんな訳で、Sight Word Readersで、英語の音読を始めることにしました。

宿題で、ほぼ毎日、国語の本を音読しているので、ついでに、英語の本も一緒に、最低一冊は読む、という感じです。

これまでは、英語の本は気が向いた時に読む、という感じだったのですが、学校と同じように、音読記録帳も作ってみました。

我が家の場合は、宿題の流れでやってしまうのが、本人も、親も一番楽です。

 

まだ「サイト・ワード」も読めないので、CDで聞いたり、私が読んだのを、耳で覚えている感じです。

耳で覚えたことを、文字でも確認する感じ?でしょうか。

 

 

 

その他の電子ブックなど 

Sight Word Readers(サイト・ワード・リーダーズ)以外に、音読に使っているのは、英語の電子ブックが多いです。

タブレットで、ABCmouse、Little Fox(リトルフォックス)などのアプリの本を読んでいます。

紙の本は、子どもの興味と英語のレベルを選ぶのが大変だし、CDなどの英語音源も必要となると、価格も高くなります。

なので、多読・多聴ができて、気軽に読める電子ブックはありがたいです。

まだまだ、多読というほどは、読めていませんが。

 

とはいえ、英語の本もちょっとずつ、買い足していきたい。

子どもは最近、日本語では、「もちっと気ままに もちもちぱんだ」など、4コマ漫画の本を気に入って読んでいます。

 かなりゆるい感じの本ですが、好きみたいです。

 

そこで、「Magic Adventures Graded Comic Readers Level 1 Set (6冊・CD付き) 英語のコミック・リーダー」のシリーズが気になっています。

第二外国語用のリーダーということで、ネイティブ向けではないですが、面白いなら、漫画もありかな?