ぽむのおうちノート

日々のこと。小学生から始めたおうち英語のこと。

インフルエンザB型に、そして学級閉鎖。

今年のインフルエンザの流行は凄い、ということを、子どもの小学校の学級閉鎖の多さで実感しています。

そして、子どももインフルエンザB型を発症し、学校をお休みしました。

その日は子どもだけでなく、クラスの半分以上が欠席で、その翌日から学級閉鎖になり、1週間自宅で過ごしました。

 

インフルエンザB型の症状(子どもの場合)

子どもの場合、インフルエンザの予防接種は受けていないのですが、症状は軽めでした。

病院に行く時点で、熱があまり高くないから、風邪かな?と思っていました。

 

病院の検査結果で、インフルエンザB型と分かり、タミフルを5日分処方されました。

「5日間飲んでください。(症状がぶり返すこともある為。)」

と言われましたが、タミフル服用後2日で解熱し、3日目に元気いっぱい!

念のため解熱後1日は服用したのですが、残り2日は服用していません。。。

 

同じクラスのお友達は、同時期にインフルエンザB型を発症しました。

ですが、お友達は症状が随分長引いたようで、タミフル服用後5日間、発熱があった、とのことです。

同じインフルエンザB型とはいえ、症状はいろいろですね。。。

 

解熱後(学級閉鎖中)の過ごした方

解熱後3日間は登校できないので、ちょうど学級閉鎖期間と自宅待機期間がかぶることになりました。

習い事や歯医者さんに、お休みやキャンセルの電話をしていて、子どもはいつも忙しく過ごしているんだなあ、と改めて思いました。

元気な状態で3日間、自宅で過ごすっていうのは、実はとても珍しいことです。

 

せっかくなので、子どもとは普段忙しくてできないことをして過ごしました!

・すごろく、ウノ、トランプなどで遊ぶ

・掃除機や、雑巾がけでお掃除

・UVレジンで一緒にアクセサリー作り

インフルエンザ後なので、料理は一緒にできなくて残念でしたが。。。

 

子どもが作ったアクセサリーはこんな感じ。

f:id:piko01:20180204131233j:plain

UVレジン用のランプは、クリスマスに子どもにプレゼントしたのですが、平日は習い事やお友達と遊ぶのに忙しく、休日は出かけたりするので、なかなか使えなかったんですよね。

たまに自宅でノンビリ過ごすのも良いもんだなあ、と思いました。

普段はなかなか時間が取れないので。

 

子どもも味を占めたのか、

「これからも、もっと遊ぼうね!」

とのこと。

なので、これからは、夕食後のテレビ時間に、ウノなどでちょっと遊ぶ時間を取ることにしました。

 

この週末は、晴れて暖かかったので、インフルエンザの流行が終息すると良いのですが。。。