ぽむのおうちノート

日々のこと。小学生から始めたおうち英語のこと。

小児歯科矯正を始めて半年、あごの矯正も開始!

小児歯科矯正を半年やってみて

子どもは2年生の11月からプレートでの矯正を始めました。

4月で3年生になり、もう矯正を初めて半年になりました。

 

成果は?というと、、、

ガタガタだった上の前歯が、きれいに揃いました~!

一安心、と思ったら、前歯の横の歯がかなり奥の方に生えてきました。。。

病院の先生は、

「大丈夫ですよ~。プレートのワイヤーで前に押しますから!」

と、あっさりおっしゃっていましたが。

やはり、矯正を始める時期が少し遅かったようで、上あごをプレートで広げる前に、歯の生える位置が決まってしまったようです。

 

とはいえ、多少変な生え方をしても、矯正してもらえる、と思うとかなり気が楽になりますね。

矯正から半年もたつと、器具を手入れしたり、付けたり、外したりなど、一通り、子どもが自分でできるようになり、親も楽になりました。

 

・上の歯のプレート

当初、3月末まで24時間装着定だったのですが、延長して、5月末までは24時間装着です。

でも、夜の歯磨きの時だけは外して良くなったので、スッキリ洗えて安心です。

3月ごろまでは、家でも週2回、私がプレートを広げていましたが、今はしなくてよくなりました。

 

・下の歯のプレート

就寝時のみ装着します。

 

 

あごの矯正開始

f:id:piko01:20180510103509j:plain

子どもは、ちょっと受け口らしく、2年生の2月からは、あごの矯正も始めました。

矯正方法としては、就寝時に矯正用のキャップをかぶります。

あごにもプレートをつけて、キャップのゴムで引っ張る感じです。

 

プレートを付けて、キャップもかぶって、就寝時はいろいろつけて大変だな~なんて思いますが、本人はすっかりルーティンとなっていて、全部自分で装着して寝ています。

 

この矯正用のキャップは、

「体調が悪い時や、お泊りなんかの時はしなくても良いですよ~。」

と、緩い感じで、付け心地もきついくないようです。

そんな感じなので、目に見えた効果は今のところないです。

 

小児歯科矯正は、親子ともに、何かと面倒ではありますが、歯並びがそろう過程を見ていると、嬉しくもあります。

全部の歯が生え変わるまで、先は長いので、コツコツ続けていくしかないですね。

 

www.ouchi01.com 

www.ouchi01.com