ぽむのおうちノート

日々のこと。小学生から始めたおうち英語のこと。

英語どころではないかも、こどもの心配ごと。

英語へのやる気が停滞

f:id:piko01:20170115033231j:plain

小学生になって、英語を始めるときに決めたこと。

それは、こどもが英語を嫌いにならないよう気を付ける、ということ。

DWE(ディズニー英語システム)を挫折した際に、英語拒否でとても困ったので。

www.ouchi01.com

 

たまたま、昔買ったものが家にあったので、DWEでおうち英語を始めましたが、もともとDWEは乳幼児向けだし、また嫌になるかな~という心配もありました。

でも、英語に触れることが、当たり前になってきつつあったので、このまま頑張れるかな?と思っていたのですが、最近は少し停滞中です。

TAC(トークアロングカード)は、毎日のルーティンとしてやっていますが、SBS(ステップバイステップ)は少し面倒な様子。

 

DWEはこどもにとっては、娯楽では無く、英語の勉強の一つになっていると思います。

やはり、純粋に楽しめる年齢は過ぎているのかもしれません。

それでも、今のところ、毎日の取り組みとして少しづつは続けているのですが。

 

英語のテレビも、見ることが多くなってきましたが、見てると少し疲れるのかな?とも思います。

理解できないテレビばかり見ていたら、大人でも疲れますしね。

私も、確定申告、子ども関係の役員の引き継ぎなどで忙しく、親子でお疲れ気味です。

疲れてるときに、英語のテレビは見たくないな~というのも正直な気もちです。

 

こどもの心配ごと

そんな中、こどもが、学校でも家でも、頻繁にトイレ行くという行動が出てきました。

何か不安だったりすることがあるのでは?と学校の先生もかなり、心配してくださってます。

保健室で休んでお話しを聞いてもらったり、スクールカウンセラーに声をかけてもらったり。

先生からは、学年がもうすぐ終るこの時期、クラス替えの不安や、上級生になる不安などで、不安定になる場合もある、とのお話もありました。

 

母として、思いあたるこどものストレスは無いのですが、やはりちょっと疲れていることが気になります。

大好きな放課後の公園遊びも、

「今日は、家でのんびりしたいから、ちょっとお休みする。」

という日があったり。

 

英語も、家庭学習も、こちらから働きかけることは、しばらく控えようかな、と思っています。

本人が、もはや当たり前になっているTAC(トークアロングカード)と、かけ流しは、やめると逆に、なんで?となりそうなので、続けますが。

できるだけ、こどもがノンビリ過ごせるように、気をつけよう、と思っています。