ぽむのおうちノート

日々のこと。小学生から始めたおうち英語のこと。

本気バレエ教室で、子どもがバレエにはまるとどうなる?1年間の費用は?

バレエにはまる

 f:id:piko01:20190209142610j:plain

4歳から、ゆるく習ってきたバレエですが、小学3年生になってから、子どもがバレエにはまっています。

 

その結果、

・バレエの通常レッスンは週5回

・発表会や、公演前は毎日レッスン

で頑張っています。

 

 子どもは、わりと飽きっぽい性格なのに、この1年間ほどは、バレエ一筋といった感じで、

「バレエ楽しい~早く踊りたい~」

と、今のところ飽きる気配がありません。  

家でも、テレビ見ながらアラベスクもどきとか、Y字バランスとかをするので、なんだか落ち着きません。。。

 

バレエの魅力

親にとってのバレエを習わせて良かったことは「柔軟性・姿勢・礼儀作法」です。

そして、子どもにとってのバレエの魅力って何だろう?と考えてみました。

・奇麗な衣装をきて、舞台で踊ること

・少し難しい踊りに挑戦して、踊れるようになる達成感

・同じ目標をもった仲間と一緒にレッスンすること

・憧れのバレエダンサーが、身近にいること

 

なんだか、ちょっとバレエって独特の世界だな~と思うのですが、舞台に立つというのは、けっこう中毒性があるのかもしれません。

あと、憧れのバレエダンサーだけでなく、ちょと年上のお姉さんなども、身近な目標となり、「来年はあの役をやりたいな~」とスモールステップで頑張れるところが良いのかな、と思います。

 

学校以外の場所があり、仲間がいることも、子どもにとっては良いようです。

小学3年生になってから、学校の友達と揉めたりして、落ち込むこともありました。

でも、レッスンをしたり、バレエでの友達と話したりすることで、気分が変わり、かなり気持ちが安定するようです。

放課後遊びの友達も、最近はクラスの友達より、バレエから広がった友達が多いです。

クラスの友達は、いろいろ面倒だから(この子とあの子は相性が悪いとか)、学校だけで良いそうです。。。

 

1年間のバレエの費用

バレエはお金がかかる習い事、と言われますが、小学3年生で、実際に1年間にかかった費用を見てみると、こんな感じでした。

ちなみに、ポワントレッスン(トウシューズ)はまだです。

 

9月から、コース変更したので、月謝が上っています。

・4~8月・月謝(週4回) ¥10,800×5ヶ月=¥54,000(税込)

・9~3月・月謝(週5回) ¥27,000×7ヶ月=¥189,000(〃)

・長期休みの特別レッスン費     ¥97,200(〃)

・発表会費・公演参加費(衣装込)  ¥145,000(〃)

・その他 約¥32,000(〃)

合計¥517,200(税込)

 

相場より高いのか、安いのかわかりませんが、計算してみたら、いつの間にか年間:約50万円となっていて、ビックリしました!

今後、ポワントレッスンが始まると、トウシューズも必要ですね。

また、コンクールに出る場合は、コンクール出場費用は、実費です。

 

そして、年齢が上がってくると、通常のレッスン時間外にもレッスンをするので、

「追加レッスンで、飛ぶようにお金がなくなるよ~」

と先輩ママさんより、恐ろしいアドバイスがありました。。。

 

バレエのやめ時は?

親としては、趣味のバレエに、これ以上時間お金をかけたくないな~、もうちょっとゆるく習えば良いのにな~という気持ちが大きいです。

一方で、子どもがやりたいことを、自由にやらせてあげたい、とも思うので、難しいですね。

 

教室では、バレエ留学する子や、バレエダンサーになる卒業生もいます。

当然、現実を知らない我が子も、

「バレリーナになる!」

と言ったりしますが、親から見ると、能力的にも難しいし、趣味の範囲で、学業第一で応援したいな~と思っています。

 

ということで、我が家のバレエは、

・学業に差しさわりがでたら、ペースを落とす(もしくはやめる)

という方向で考えています。

上手に両立できれば良いのでしょうが、なかなか難しそうです。