ぽむのおうちノート

日々のこと。小学生から始めたおうち英語のこと。

学研の「さわって学べる算数図鑑」

「さわって学べる算数図鑑」がお気に入り

f:id:piko01:20170422163411j:plain

先取りしているクラスのお友達から、聞いてきたのか、「かけ算って何?」とか、

「九九って知ってる?」と、こどもは最近ちょっと算数に興味がある様子。

今のところ、先取りは考えていませんが、何か算数への興味を満たすような本は無いかな~と探していて、学研の「算数図鑑」を見つけました。

でも、算数の計算は得意ではないので、気にいるかな~?と心配しつつ、購入しました。

 

結果、こどもはかなり気に入っています。

本を渡すと、あっという間に最後まで読んでしまい、その後もチョコチョコと開いては触ったり、読んだりしています。

こどもが自分からは選ばないような本なので、こういう本にも興味を持つんだなあ、とちょと驚きました。

 

花まるラボの思考力アプリ教材「Think!Think!」の影響もあるかもしれません。

www.ouchi01.com

 

 

「さわって学べる算数図鑑」の内容

図鑑にでてくる内容は、単純に算数でいうとこのような感じです。

・足し算と引き算

・図形と立体

・かけ算わり算

・分数

 

内容は、計算のやり方ではなく、 意味を理解するような内容になっています。

図形や立体は実際に、展開図を組み立てるので、感覚で理解できるようです。

 

でも、やはり初めての分数の概念は難しいようで、説明が必要でした。

説明しても、なんとなくしか理解できないようで、分数のところは何回も読んでいました。

 

・良かったところ

良いところは、やはりこどもが楽しんで読めるところですね。

カラフルで、仕掛けがたくさんあるので、夢中で最後まで読んでしまいました。

最後のクイズも楽しいようです。

先取りしている子や、算数の好きな子なら、もっと早い時期でも楽しめそうです。

 

・残念なところ

図鑑というわりには、ページ数が少ないな~と思ってしまいました。

こどもはあっという間に読んでしまったので、もう少し、ボリュームがあれば良いのになあと思います。

 

こどもの反応が、意外と良かったので、次に欲しいなあ、と思っている本もあります。

ナツメ社こどもブックスの「考える力が身につく! 好きになる 算数なるほど大図鑑」です。

こちらは、読み物として、そこそこボリュームがありそうなので、長く楽しめそうかな~と思っています。