ぽむのおうちノート

日々のこと。小学生から始めたおうち英語のこと。

工房系のランドセルを買うために、いつ頃から動いたか。

カタログと素材サンプルの請求

4月頃から、新商品のカタログの予約を受け付けているところに、カタログと素材サンプルの請求をしました。

工房系にこだわらず、気になるところには、全て資料請求しました。

その際、見に行ける範囲にショールームや店舗があることを前提として、現物を見られないランドセルは候補から外しました。

 

ですが、カタログの到着は5月ごろと遅かったので、結局、カタログの到着は待たず、ネットである程度調べました。

そして、まず土屋鞄鞄工房山本(山本鞄)の2つに候補を絞りました。

 

最初に行ったのは土屋鞄

土屋鞄には、ランドセルのショップ、童具店という店舗が各地にあります。

オフシーズンに行くと、革製品のワークショップ(小学生未満対象の場合あり)などもやっているので、年中から年長になる、春休みの4月に見に行きました。

展示商品は、1部のものしか置いていなかったので、色の確認などはできなかったのですが、背負った感じなどを、販売前にゆっくり確認するのには、良かったです。

販売開始してから、もう一度見に行きましたが、店内が混雑してゆっくり見られず、大変だったので。

 

・土屋鞄のランドセル

土屋鞄は、とにかくシンプルで形が綺麗です。

カラーバリエーションも、他では見ない色合いが多く、良かったです。

ただ、A4フラットファイルは入らないとのことだったので、内容量は若干少ないのかな、と思いました。(A4クリアファイルは入りました。)

カタログのデザインも一番素敵だったので、イメージ戦略も上手だと思います。

※現在は土屋鞄もA4フラットファイルが入ります!(2018.5)

 

鞄工房山本の購入

f:id:piko01:20170304091659j:plain

カタログは早めに申し込みしましたが、私の本命は土屋鞄だったので、鞄工房山本のランドセルは、販売開始直後に見に行きました。

(その前にイオンのランドセルも見に行きましたが、親子ともに気に入るものがありませんでした。)

銀座のショールームへいったのですが、長蛇の列で、行き交う人が「何の行列?」と不思議そうにしていました。

関係ない人から見たら、まさかランドセルの為に並ぶなんて!という感じですよね。

混雑していて大変だったので、近場にショールームがあるなら、販売前に足を運んで、背負い心地などを先にゆっくり試した方が良いかもしれません。

 

2015年(2016年入学用)に購入した際は、混雑した店舗で予約せず、後から呑気にネットで注文したら、第1希望が売り切れで、第2希望になってしまいました。

 

2016年(2017年入学用)は急に人気が出てしまったようで、1つ年下のお友達親子は、販売開始時間前からPC前でスタンバイして、ネットで購入できた、とのことでした。

 

2018年(2019年入学用)ネットでの販売時期も5/13からと早くなり、希望のランドセルが購入しやすくなったようです。人気も人段落した雰囲気。

 

・鞄工房山本のランドセル

こどもは、ランドセルの色の他に、刺繍や、細部のチャームなどの金具、内部の模様が可愛いところに惹かれたようです。

私は、なんとなく素朴なランドセルだな、という感じがしました。

デザインは土屋鞄が素敵で悩みましたが、やはりこどもが気に入ったものが一番かな、と山本に決めました。

1年生が背負うと、大きく感じるけれど、A4フラットファイルが入る大きさというのは魅力的でした。

 

ランドセル購入について

今後のランドセル商戦は、どんな感じになるのかわかりませんが、手作りの工房系のランドセルの場合は、早め早めに動いたほうが安心かな、と思います。

生産量に限りがあるので、人気が集中すると、希望の商品があっという間に完売してしまう場合があるからです。

 

でも、私もランドセル選びに悩み、たくさんカタログ請求したりしましたが、入学式で1年生を見て思ったのは、どのランドセルも可愛いなあ、ということ。

入学してしまえば、すぐにランドセルの話題もなくなり、子どもたちが気にすることもないので、もっと気楽に選んでも良かったな~なんて思います。

www.ouchi01.com